下町ロケット 2015年版


精密機械製造業の中小企業・佃製作所の社長・佃航平は、主要取引先の京浜マシナリーから、突然、取引終了の通知を受ける。資金繰りに困りメインバンクの白水銀行に3億円の融資を申し込むが渋られる。追い打ちをかけるように、今度はライバル会社のナカシマ工業から特許侵害で訴えられて、白水銀行からは融資を断られてしまう。法廷戦略の得意なナカシマ工業が相手では、たとえ勝訴は濃厚でも結局は裁判の長期化だけで資金不足による倒産は避けられそうもない。
そんな時、大企業の帝国重工の宇宙航空部長・財前の訪問を受け、佃製作所が持っている特許を20億円で譲ってくれと持ちかけられる。帝国重工は巨額の資金を投じて新型水素エンジンを開発したが、特許は佃製作所に先を越されていたのだ。航平は元妻・沙耶との会話で、特許譲渡や使用許可ではなく、帝国重工が飛ばすロケットに佃製作所で作った部品を搭載する道もあると思い当たる。しかし、それでは特許使用料が入らないどころかリスクが高過ぎると、特に若手社員の反応は最悪で、特許使用許可か部品搭載の夢か、航平は思い悩む。

(※Wikipediaから引用)

一覧

下町ロケット 2018年版

各話リスト(全10話)

ロケット編

1話「ジャパン・ドリーム感動物語の誕生!! 中小企業が大企業に勝負!涙…!夢とプライド」

2話「娘の愛で20億買収の危機を救えるか 15分枠大SP」

3話「新たな敵・帝国重工が牙をむく!」

4話「反撃開始!下請けの屈辱をはらせ!!」

5話「ロケット編完結 涙と感動の打ち上げ」

ガウディ編

6話「NASAからの刺客!医療編へ」

7話「反撃開始!! 町工場vs医療の野望」

8話「佃&財前、まさかの敗北…逆襲を狙え!!」

9話「最終回前15分拡大!! 財前失脚…佃vs椎名!技術は嘘をつかない」

10話「裏切り者は許さない 日本プライドを持て!ロケットの夢・人工弁の夢を打ち上げろ!!」

タイトルとURLをコピーしました