謎解きはディナーのあとで


主人公の影山は、世界的にも有名な企業グループ「宝生グループ」社長の一人娘・麗子の執事兼運転手。その正体を隠し、国立署の新米刑事として勤務する“お嬢様”麗子は、難解な事件にぶち当たるたびに大豪邸の自宅でくつろぎながら事件の一部始終をディナーのサーブをする影山に語って聞かせる。完ぺきなまでのサーブを見せつつ、影山は“お嬢様”麗子の推理力のなさを「失礼ながらお嬢様……お嬢様の目は節穴でございますか?」などという暴言スレスレの毒舌で指摘しながら、スラスラと謎を解き、事件の真相に迫っていく…。

(※公式サイトから引用)

各話リスト(全10話)

1話「殺人現場では靴をお脱ぎください」

2話「殺しのワインはいかがでしょう」

3話「二股にはお気をつけください」

4話「花嫁は密室の中でございます」

5話「アリバイをご所望でございますか」

6話「綺麗な薔薇には殺意がございます」

7話「殺しの際は帽子をお忘れなく」

8話「殺意のパーティにようこそ」

9話「聖夜に死者からの伝言をどうぞ・前編」

10話「聖夜に死者からの伝言をどうぞ・後編」

タイトルとURLをコピーしました