軍師官兵衛


戦国時代後期、播磨国の小名小寺家に仕える一人の青年がいた。名を黒田官兵衛、後に天下人の軍師として名を馳せることになる男である。
織田と毛利の両大国に挟まれる形となった播磨で生き残る道を模索する官兵衛は織田に従属することを進言し、旧友の荒木村重を頼り織田信長と面会し従属の意を伝える。後の天下人である羽柴秀吉と彼の軍師竹中半兵衛と出会い、親交を深めていく。織田と毛利の争いが始まると、村重および主君小寺の裏切りにより官兵衛は村重の居城有岡城で一年におよぶ幽閉生活を余儀なくされる。一年後に生きて救出された官兵衛だったが、五体は満足に動くことができなくなるという代償を背負うことになる。
小寺の滅亡により織田家臣として迎えられた官兵衛は幽閉生活中に亡くなった半兵衛の後を継ぎ、秀吉の軍師として毛利との戦いを進めていく。そして1582年6月1日、明智光秀の謀反により官兵衛と秀吉の運命が大きく動き出す。

(※Wikipediaから引用)

各話リスト(全50話)

1話「生き残りの掟」

2話「忘れえぬ初恋」

3話「命の使い道」

4話「新しき門出」

5話「死闘の果て」

6話「信長の賭け」

7話「決断のとき」

8話「秀吉という男」

9話「官兵衛試される」

10話「毛利襲来」

11話「命がけの宴」

12話「人質松寿丸」

13話「小寺はまだか」

14話「引き裂かれる姉妹」

15話「播磨分断」

16話「上月城の守り」

17話「見捨てられた城」

18話「裏切る理由」

19話「非情の罠」

20話「囚われの軍師」

21話「松寿丸の命」

22話「有岡、最後の日」

23話「半兵衛の遺言」

24話「帰ってきた軍師」

25話「栄華の極み」

26話「長政初陣」

27話「高松城水攻め」

28話「本能寺の変」

29話「天下の秘策」

30話「中国大返し」

31話「天下人への道」

32話「さらば、父よ!」

33話「傷だらけの魂」

34話「九州出陣」

35話「秀吉のたくらみ」

36話「試練の新天地」

37話「城井谷の悲劇」

38話「追い込まれる軍師」

39話「跡を継ぐ者」

40話「小田原の落日」

41話「男たちの覚悟」

42話「太閤の野望」

43話「如水誕生」

44話「落ちゆく巨星」

45話「秀吉の最期」

46話「家康動く」

47話「如水謀る」

48話「天下動乱」

49話「如水最後の勝負」

50話「乱世ここに終わる」

タイトルとURLをコピーしました